ダイエット運動でヤバイほど効果を出すには基礎代謝upの運動が不可欠!それ以外にも食事や睡眠の質などの生活習慣の見直しだって必要です。わかっているつもりで出来ていないダイエットのためになる事に絞って取り上げています

基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果があ

ダイエット運動の効果がヤバイ?!基礎代謝アップ生活習慣とは?
■HOME >> 基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果があ

LastUpdate:2017/04/30

基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果があ

基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果があるのです。元々、あまり汗をかかないという人は、体の中に老廃物という害が溜まりやすい状態になっています。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝を下げることになるので、汗をかきにくい人は太りやすくなるのです。

基礎代謝をアップさせて汗をかきやすい体に、していくことが大切です。

若いころは基礎代謝がとてもいいので、多少の食べすぎで体重が増えたとしてもしばらく経てば元に戻ることがよくあるものです。

しかし、年齢を重ねると基礎代謝力が衰え、エネルギーの消費量も減少するので、何もしない状態だと太りやすい体になります。短期間でしかも健康的にダイエットするには水泳が一番です。

走ったりは苦手な方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、長時間可能ですし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。ダイエットをするために沢山の人が水泳をしていますから、1人で泳いでいても全く恥ずかしがることはありません。

水泳は想像以上にカロリーを消費するので、継続すればダイエットも成功間違いなしです。痩せる決意をしたその瞬間が、一番のモチベーションに満ち溢れている具合でしょう。体重を減らすのを成功させる為には、そのダイエットするぞという気持ちをいつまでも持続させることが重要だと思います。特に当初に必死に頑張り過ぎると挫けやすくなってしまうので、ゆったりとはじめましょう。体重を落とす事は以前に数度何度かしてきました。今も実践しているダイエット方法はファスティングダイエットです。1日予定が見られない日に 水以外は他に食べないようにします。翌日の夜明け直後は胃にやさしい食事を取って、それ以後は普通に生活するのです胃の仕切り直しにもなって内臓にもやさしいらしいです。

その昔、私がダイエットを決心した時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て、腹筋、スクワットなどを実行して、筋肉量を増加して体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少し早めのウォーキングを少なくとも30分は行いました。これをなるべく毎日継続することで、2か月で5キロのダイエットができましたが、実行し続けることはとても大変でした。

ダイエットを成功させるためには息の上がる程度の運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレをする時に使われているのは速筋を鍛えます。

ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。

遅筋と速筋を両方鍛えると、イメージ通りのスタイルになれるかもしれません。一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、だんだんと落ちていきます。これにより示されることは、成長期の終了とともに代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が減ったことにより筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。30代を過ぎ中年に差し掛かるとだんだんと体型が変化し太りやすくなるのはこういう理由があるのです。

痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。

食事を制限するダイエットは確実に痩せるのですが、悪影響もあるのです。

私は生理が来なくなってしまいました。排卵が止まり、婦人科で薬をもらい治しました。

ですので、最初から無理をしすぎると長続きしないというのが自論です。

日頃から、歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでも違ってきます。ダイエットの最中であれば特についケーキなどの糖分の多いものを食べたくなりがちですが、その際には食べたい気持ちを我慢することが重要です。

食べると、あっという間に体重に現われてしまいます。

もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーを抑えたダイエット向けのケーキを作ることをお薦めします。

ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、今、一番、効果的な心拍数を理解することによってあなた自身の効率よくエネルギーを消費して、脂肪の燃焼させられます。

とはいえ、長時間体を動かし続けるほど痩せるのではなく、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が行き届かないために、反対の効果になってしまいます。ダイエットには様々な方法がありますが、基本的には運動と食事がもっとも大事だと思います。

食事制限を行うとともに運動を行うと一段と効果的なので、毎日何かしらのトレーニングを行えばいいかもしれないですね。ジムを使うのも良いですし、それができないといった方は自分でトレーニングやジョギングをやるように心がけるのが良いでしょう。

ダイエットしている時に、私がどうしても甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に飲食する物は、若い頃から寒天です。

これは好きな味付けをすることができるので、飽きることがありません。殊に、缶詰の蜜柑が入った牛乳寒天と、さいの目に切った味なし寒天にきなこをふんだんにまぶして黒蜜を少々かけたものがしょっちゅう食べているものです。ダイエット時のおやつは絶対にいけません。

おやつで食べるものが、例えスナック菓子などではないとしても、摂取すれば太るという事実を心に刻んでください。過度の我慢も良くないけれど、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食欲をコントロールできるように体質改善をはかりたいものです出産を経験し、たるんだおなかを元通りにするために、ダイエットと平行するかたちで人生初の筋トレをしました。100%母乳で子供を育てていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ほぼ以前のような体型に返り咲くことができました。

細くなろうと思っても日々の運動で、長距離走をしたりウォーキングしたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちがおこりませんか。

そこでお伝えしたいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。ラジオ体操もバカにできない有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、効果的にカオリーも消費されます。

年齢と共に次第に体がゆるんできました。

痩せるためには運動と食事の管理が最適だとは思いつついっこうに時間が取れずに実際に行うことができませんでしたが、長い時間を隔てて体重計にのってみて心臓が止まるかと思ったんです。

とりあえず、自然に運動をするために、日々歩きにすることから開始してみました。

これでちょっとでもダイエット効果がでるといいなーと思います。

女性の視点では、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、結婚を決めてから、人並みにダイエットに精を出しました。その後、エステにも出向きました。

結構な費用が掛かったので、たった2日間でしたが、非日常的なことをしてわずかに綺麗になれた気がしました。ダイエットとずっと継続していると、カロリーを考えなくても、摂取カロリーの大まかな数値が計算できるようになります。肉に米、野菜をこのくらい摂取したので、今日の昼食に摂取したカロリーはいくらくらいというように計算できるのです。

私も昔、デブだった黒歴史があるので、どうしようもないのですが、少々切なくなります。減量の為に朝ご飯を抜くのは体に良くないので、必ず食べる方が効果的です。カロリーを気にする場合は主に食べるご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに変えて食べるといいです。それ以外にも、温野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌の調子も良くなります。

時間がない時は果物だけでも良いので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。

ダイエットをやってると自分に酷な食事制限を与えてしまう人もいるんですけど、断食などの無茶な減量は、絶対、やらない方がいいです。食事をコントロールしていても空腹になってしまったら無理をせずに召しあがってください。

その時はカロリーの小さい物を食べるようにすれば一気に太ったりすることもありません。ダイエット食と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が少ないものが浮かびやすいと思いますが、私の個人的な経験から、塩分を控える食事がとても効果を感じやすかったと思います。特に下半身のお肉が気になっているという方には、まず減塩をしてみることをお薦めしたいです。

関連記事

メニュー