ダイエット運動でヤバイほど効果を出すには基礎代謝upの運動が不可欠!それ以外にも食事や睡眠の質などの生活習慣の見直しだって必要です。わかっているつもりで出来ていないダイエットのためになる事に絞って取り上げています

実際、もっとスリムになろうと思っても

ダイエット運動の効果がヤバイ?!基礎代謝アップ生活習慣とは?
■HOME >> 実際、もっとスリムになろうと思っても

LastUpdate:2017/04/30

実際、もっとスリムになろうと思っても

実際、もっとスリムになろうと思ってもたびたびジョギングしたり歩いたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが発生しませんか。そこでお伝えしたいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。ラジオ体操も効能のある有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。有酸素運動は20分以上持続しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は長く続けなくてもせめて20分運動していれば体にとっては意味があるといわれています。

また、筋トレのほとんどはぐっと息をつめて激しく動く運動ですが、継続する軽い運動、短い時間に行うハードな運動を交互い行うことでそれぞれの効果を引き上げることができるわけですね。

普通、基礎代謝の平均値は20歳過ぎからだんだんと落ちていってしまいます。これは、成長期の終わりによって代謝量の安定が訪れたことと、運動量の減少のために筋肉量もまた徐々に低下しているためです。30代以降になると太りやすくなってしまうのはこういう理由があったのです。ダイエットする事を決めたその時が、一番意気込みに満ち溢れている状況でしょう。

ダイエットをやり遂げる為には、その体重を落とすぞという気持ちをずっと継続させることが、大切です。

最初にマジで頑張りすぎると頓挫しやすくなってしまうので、ゆるく取り掛かりましょう。ダイエットを行うときの心構えとしてまず基礎代謝量の数値を出しておくことが大事です。

基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギー量のことですので、数値が大きいほど太りにくい体質といわれているのです。今では気軽に基礎代謝量が計算できるツールがネット上にありますので、一度どのくらいの数値か知っておくといいと考えます。ダイエットでよく行われている有酸素運動ですが、もっとも効果のある心拍数を知ることで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼率を高めることが出来るようになります。長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せるということではなくて、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が行き渡らなくなり、逆効果になります。

ダイエットが継続できないという場合は、ダイエットできたという方の体験談を聞いてみましょう。

ネットの書き込みや噂などは信憑性に欠けると思うので、チャンスがあるのならば自分の周りの人の体験談を直接聞くことを推奨します。成功例に触れることで意志を固めることができます。

よくダイエットといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、境界線がわかりません。普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、判断するようです。でも、発汗の仕方は外気温などによっても変わりますよね。

もっとはっきりとした基準があればダイエットも成功すると思います。

自分の基礎的な代謝を測ることは大事です。

その理由は、自分の代謝量を知らないまま、必要な摂取カロリー量を理解することはできないためです。

例えば、若い頃のようにダイエットに無茶をするのが体が言う事をきかなくなった分、いつも静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。

ついつい口さびしくなって口に物を入れてしまうことが多くてどうすれば治るのだろうと思っている方はよろしければスムージーの置き換えダイエットをしてみてはいかがでしょうか。スムージーは自分好みの食材をミキサーにかけることでも作れますし、ネットやお店で専用の商品を買うこともできるでしょう。

おやつや主食に置き換えて飲むことで、ダイエット効果が上がるんです。スムージーを噛んで飲むとより効果的ですよ。

年を取るにつれて、運動を行う機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。

それゆえか、せっかくダイエットをしても、思う通りに体重が減少しません。やはり、体質改善を先にやらないとやらないとダメですね。始めに、体を温かくするために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。

寒いときにはもってこいの飲み物ですし、これで代謝がアップすること間違いないでしょう。呼吸を意識して腹部からするだけでも、人は痩せるそうです。体を細くするストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが良いのだと伺いました。肩こりにも効くのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は天井に向けたまま、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。食事量をあまり制限したくないし、体を動かす時間もありません。

そんな感じで悩んでいた時、とてもいい物を見つけたのです。

それは痩せると言われているお茶です。無理して、食事量を制限するダイエットは肌にも髪にも良くないので、必要なカロリーを摂取すると同時に、痩せるお茶を飲んで、リバウンドすることなく美しく痩せられました。

もはや20年ほど前になるでしょうか。

その時、流行した外国製のダイエットサプリを験したことがありました。

飲んで少しの間すると、胸が苦しくなったり、息切れが発生したりしました。

実際問題、期待どおりの結果があると判断すればいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、一瓶で飲むのを中止することにしました。全然、痩せずに終わったお話でした。

女性には、結婚は人生で一度きりのはずのことなので、結婚が決定してから、とにかく一生懸命ダイエットに尽力しました。

加えて、エステにも向かいました。お金が色々と必要でたった2日間でしたが、いつもはしないことをしてちょびっとだけ綺麗な自分に会えた気がしました。

ダイエットに効果があるのは有酸素の運動と筋トレです。遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレをする時に使われているのは速筋を使います。遅筋は筋が大きくなりにくく、マッチョな見た目にならないです。

この遅筋と速筋を同時に鍛えると、イメージ通りのスタイルになってゆきます。ダイエット中の方は運動によって減量を試みるのは結構、普通だと思われますが、時間を決めた状態で取り組んでいますか?出来る範囲で毎日、朝なら朝に、夜なら夜などの決まった時間に運動を行ったほうが痩せやすくなる体を作ることが出来ます。

必ず体験するのが痩せなくなってしまう時期です。こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、そのままダイエットを諦めてしまう人もいますが、無理をせずに続けるのが秘訣です。もし、運動を中断してしまっているのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に気を配らないのなら、運動だけでも持続しましょう。

短い間に健康的にやせるには水泳がベストな方法です。

走ったりはしたくないという方でも、スイミングならば浮力があるので、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わると心地よい疲労感があります。

ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、続ければ痩せられます。

ダイエットに効率的な運動といえば、やはり有酸素運動ですよね。

ダイエットを達成させるためには、カロリー消費が大切なので、消費カロリーが高いジョキングやエアロビクスやサイクリングのような運動がいいと思います。

くわえて、身体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋肉を鍛えるのもおすすめです。ダイエットを長期間していると、いつの間にか、カロリー計算なしでも、摂取したカロリーの大体の量が見当がつくようになってしまいます。主食と主菜、副菜をこの程度食べたので、本日のランチはこれくらいのカロリーをとったという具合に見当がつくのです。

ふくよかだった頃があるため、仕方ないのですが、少々切なくなります。基礎代謝量を今よりあげていくためには有酸素運動を行うことが効果的とされています。

一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのはウォーキングなのです。

ただもちろん、ダラダラと歩く、それでは基礎代謝を上げることは難しいです。

望ましい方法としては、下腹にぐっと力をいれながら、顎をひいて、そして前をしっかり見据えてなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果的なウォーキングができます。

関連記事

メニュー